Clevermedis

いざという時に頼りになる「災害広報機能」

facebooktwitter

災害広報機能


たとえば台風に備えて雨戸を締め切っていた日、たとえばマンションの部屋でエアコンを効かせ大音響で映画を楽しんでいた夜。もし、緊急に避難すべき事態が発生し ていたとしたら――。。

過去の水害でも、暴風雨の音にかき消されて、せっかくの防災無線が聞こえなかった事例がありました。県外の勤務先にいて、自宅の被災をすぐに知ることができ なかった人がいました。こうした反省から出発し、個人の情報通信機器として普及が目覚ましいスマートフォンを活用し「人々の手元に確実に届く防災放送」を目指し て開発されたのが、インターネットを活用した「クレバーメディア」の「災害広報機能」です。

平常時にはコミュニティラジオとして活躍し、災害時には住民のスマートフォンアプリにプッシュ通知して、音声と文字で災害情報を伝えます。自宅でも学校・職場で も、もちろん隣町で買い物中でも、自宅から遠く離れた県に出張中でも、従来の防災無線ではカバーしきれなかった山間地にいても。インターネット環境とスマート フォンさえあれば、クレバーメディアが、どこへでも我が町の緊急情報を文字と音で的確に届けます。

防災行政無線設備や放送局解説には莫大な費用と時間がかかりますが、クレバーメディア導入にあたって最小限必要なのはタブレットPC1台と通信環境のみです。 電源と通信環境さえあれば庁舎外に持ち出して使用することも可能です。また放送法や電波法の制約を受けないので、煩雑で時間のかかる許認可の申請も必要ありません。 使い慣れた端末で直感的に操作できるため、職員の負担も小さく、特に災害時に機動力を発揮します。